金曜日, 1月 23th, 2015

昔一緒に仕事をしていた人は、大仁田厚を見て涙を流すような熱い人だった。

まー熱狂的なプロレスファンとはそういう人たちの事なんだろうけど、とにかく熱い人たちが多い。

当時大仁田厚が在籍していたプロレス団体は「FMW」、このインディー団体が全日本プロレスから独立した大仁田厚が設立する事によって、プロレスの一大ブームが巻き起こった!

その前が馬場さん達全日本プロレスの時代、次に新日本プロレスの猪木さん達の時代。

そして大仁田厚のFMWの時代である。

女子だとクラッシュギャルズ以降に特にこれといった女子プロレスラーが出てきていないが、神取忍や全日本女子プロレス、FMW、JWP、jd吉本プロレス、LLPW…

一時期はアルシオンやネオレディースという団体もあったが、その後どうなった事やら、
いずれにしても暴露本とかでプロレスはショーだとか八百長だっていう議論はあるけど、ショーじゃない本当の殴り合いとか見ていて楽しいのだろうか?

ボクシングもそうだけど、ルールの中で戦う。
そしてそれを見るって事で、特にそこを八百長とかショーなんて思うなら、観なきゃいいのにって思う。プロレスは受けの美学なので、ショーやら八百長やらそんなことを言うやつの心理が分からん!

面倒くさい言い方をやめて、楽しければ見る!!プロレスが好きな人はごまんといる。そんなプロレス批判するやつの心理が理解出来ない。

僕は趣味が少ない方です、その少ない趣味の中、やはりプロレスが一番好き。

           プロレスのリンク上