火曜日, 8月 23th, 2016

スマホはカケホーダイ、パケホーダイと本体機種の割賦料金を月々支払うと、大体8,000円~10,000円位の金額になる。

そこで近年注目されているのが「SIMフリー端末+格安SIM」というセット!

従来の携帯電話はNTTドコモの端末にはNTTドコモのSIMカードしか使えず、当然、auやソフトバンクモバイルも同様に、そこで買ったSIMは、それぞれの電話会社の端末じゃないと使えなかったのが、
最近販売されているSIMフリー端末は他の通信会社のSIMカードでも利用出来るように、電話会社のロックを解除した端末の事だ!

電話のマーク

端末代金は1万5000円程度で購入出来るものが多く、データ通信料も月額1000円程度に収まるという事で格安スマホの名前で、今高齢者を中心に爆発的に売れているという…

最近ではAppleが日本国内で初のSIMフリーのiPhone5s・5cの販売を開始したんだけど、 2011年3月以降に発売されたスマホの多くがSIMロック解除手続き料を払えば、 SIMロック解除が出来るという…

SIMフリー端末を購入する場合の注意点としては、前所有者が端末代金を支払いきらないままネットオークションなどで売りに出していた場合、そういう端末料金が残っている端末を「赤ロム」と呼んでいるらしく、
万が一赤ロム端末だった場合、端末代金の返却などの保証を行うお店もあるらしいんだけど、使ってみるまで中古販売店にも判らないみたいです。

だからいくら安いからと言ってもネットオークションなど買うのは注意が必要だ!

間違って赤ロムを買ってしまった場合でも大丈夫なように、返却や保証相談が行えるお店で買う事がポイントかもしれない。
ただ格安スマホという事で月額料金が安い事が魅力だけど、通信容量とか、通話題など、中身をきちんと見比べてみないと使い勝手が悪くなったり、電話をかけたら高額な請求が来て、全然格安じゃない月額料金の請求が来る可能性もあるのでご注意を!!